つらい分離症を軽減する方法ならこれ!おすすめのストレッチや食事、トレーニングなど

【役に立つ!】腰椎分離症を軽減する緩和方法とは?

つらい分離症を軽減する方法ならこれ!おすすめのストレッチや食事、トレーニングなど

 

 

腰椎分離症を軽減する緩和方法には、ストレッチなども効果的です。

 

 

腰椎を正しい姿勢に矯正して、ズレの程度を補正するようにしましょう。

 

 

また、腰椎周辺のインナーマッスル(深層筋)を鍛えるのも痛みの緩和に欠かせません。

 

 

腰椎周辺の筋力が落ちると身体全体を支える姿勢が悪くなり、腰に負担がかかりがちになります。

 

 

骨が癒合するまでは、コルセットなどを使用して腰を固定し、安静にする必要がありますが、痛みが引いてきたら、姿勢やバランスを重視した体幹トレーニングなども行なうようにして下さい。

 

 

腰椎分離症の痛みが強い時には、薬を服用したり、鎮痛剤などを注射する方法、温熱療法を主とした理学療法などで緩和する方法があります。

 

 

ブロック注射は、患部神経に直接麻酔薬を注射する方法となります。

 

 

 

 

痛みが緩和されるのと、妊婦さんのようなコルセットの利用や薬の服用などの保存治療が出来ない状況の方に、特におすすめの痛み緩和方法となります。

 

 

ただ、ブロック注射は薬と一緒で一時的な麻酔のようなものなので、永続的な痛みの緩和には繋がりません。

 

 

温熱療法では患部や周辺を温めて血液循環を高めることにより、痛みを改善します。湿布なども一時的な痛みの緩和には効果があります。

 

 

これらのことを行なっても痛みが軽減されない時には、手術をするという方法もあります。

 

 

しかし、手術をした場合でも、痛みやしびれを完全に取り除くことは難しいと言われていて、再発される方もいらっしゃるというのが現実です。

 

 

薬物療法にするのか、ブロック注射にするのか、手術に踏み切る必要があるのか、などを医師としっかり相談されるようにして下さい。

 

 

腰椎分離症の応急処置では、患部を温めることが大切になります。温めることで、筋肉の緊張をほぐして血行を促進させます。

 

 

 

 

また、慢性的に痛みを感じている場合は、筋肉や血管を強張らないようにすることも重要です。骨の癒合が完全に終わるまでは痛みを感じることもありますが、腰椎周辺の筋肉がこり固まらないよう注意しましょう。

 

筋肉や血管が強張ると、腰椎分離症の症状が益々悪化してしまうことがあります。

 

 

腰椎分離症の症状を軽減する緩和方法についてまとめてみました。

 

 

腰椎分離症は医療機関で治療することが望ましいですが、保存治療でも治すことが可能です。

 

 

初期状態と終末期では治療方法も変わってくるので、ご自分の病期に合わせた治療方法を行なうようにしましょう。

 

 

次の記事も参考にしてくださいね。

 

 

徹底調査!腰椎分離症の解消に効果的なストレッチ教材は?