つらい分離症を軽減する方法ならこれ!おすすめのストレッチや食事、トレーニングなど

要注意!妊婦さんが腰椎分離症になってしまったら?

要注意!妊婦さんが腰椎分離症になってしまったら?

 

 

妊娠している妊婦さんが腰椎分離症になってしまった時に、注意しておきたいことなどをまとめています。

 

 

妊娠している妊婦さんが腰椎分離症になってしまうと、コルセットやプロテクターを使用した腰の固定の治療が行なえません。

 

 

また、鎮痛剤などの薬の服用も避けた方が良いと言えます。

 

 

特に、出産時期が近づいている妊婦さんは、妊婦さんの身体だけでなく胎児に与える影響も考えなければいけないため、薬の服用は避けるようにしましょう。

 

 

妊娠初期であれば締め付けの強くないコルセットなどは使用することが可能ですが、自己判断せずに医師のアドバイスを受けるようにしましょう。

 

 

ただでさえ、妊娠時には腰痛が発症しやすくなります。

 

 

 

 

出産に向けて、少しずつ骨盤が開いてくることが原因となります。

 

 

妊娠すると骨盤に変化が見られ、仙腸関節と恥骨結合が開いて緩んできます。

 

 

中には、出産時に力(リキ)むことで、腰椎(背骨)の椎間板がずれてしまい、すべり症や腰椎分離症になってしまう方もいらっしゃいます。

 

 

妊娠中の妊婦さんだけでなく、出産後の腰痛などを感じている方も腰椎分離症を疑ってみて下さい。

 

 

妊婦さんは5ヶ月を過ぎた頃から、少しずつ大きくなるお腹が腰に負担をかけてしまうので、腰椎分離症だけでなく腰のケアや怪我には注意が必要です。

 

 

また、当然ながら、妊娠中には腰まわりの筋力をつけるトレーニングなどをすることも出来ません。腰椎周辺の筋力も落ちがちになるので、腰まわりの負担に、より注意して下さい。

 

 

妊娠している妊婦さんが腰椎分離症になってしまったら、ブロック注射での痛みの緩和が対処方法としておすすめとなります。

 

 

ブロック注射は痛みの部位に極少量の麻酔薬を注射するので、全身への影響を最小限に抑えることができます。

 

 

 

 

また、湿布などであれば妊婦さんでも安心して使用でき、一時的な痛みの緩和になります。

 

 

身体の後屈にも注意して下さい。腰椎分離症の時には、姿勢を後ろにそらすと痛みを強く感じてしまいます。

 

 

妊娠すると赤ちゃんの体重も身体に負担をかけ、腰椎にも過度の負担がかかります。

 

 

妊婦がかかりやすい腰痛に、腰椎分離症、腰椎すべり症、脊柱管狭窄症、筋性腰痛、変形性腰椎症などが考えられるので、腰の痛みや違和感を感じた方は早急に医師の診察を受けられるようにしましょう。

 

 

いかがでしたでしょうか。

 

 

妊娠中の妊婦さんが腰椎分離症になってしまった時の対処法についてまとめてみました。

 

 

通常の状態での腰椎分離症とは違い、妊娠している妊婦さんは気をつけなければいけないことが多くあります。

 

 

医師からしっかり説明を受け、身体に負担のかからない治療方法を行なうようにして下さい。

 

 

下記の記事も見てくださいね。

 

 

あなたは知ってる?腰椎分離症の改善に水泳がおすすめ!