つらい分離症を軽減する方法ならこれ!おすすめのストレッチや食事、トレーニングなど

知っておくと便利!腰椎分離症の時の楽な座り方は?

知っておくと便利!腰椎分離症の時の楽な座り方は?

 

 

腰椎分離症では、腰椎の骨が骨折して分離してしまっている状態なので、骨の癒合後も腰に負担をかけない楽な座り方をする必要があります。

 

 

腰椎分離症の時は身体に負担をかけないように、楽な座り方をするように心がけましょう。

 

 

椅子などに座る時は、腰が曲がらないように奥までしっかりと腰かけるようにしましょう。

 

 

腰を真っ直ぐさせて姿勢をしっかりさせる方が、腰椎分離症の痛みなどは楽になります。

 

 

椅子に座る時には、頭の位置と仙骨のバランスが重要になってきます。

 

 

背中を湾曲させないように背筋を伸ばして、頭から背骨までが骨盤の上に真っ直ぐになるようにして下さい。

 

 

以下、腰椎分離症の正しい座り方を箇条書きにします。

 

 

 

 

膝を揃えて座る。背筋とお腹を真っ直ぐに伸ばすようにする。腰の角度を90度に保つ。顎を引いて、頭を真っ直ぐにする。

 

 

腰椎分離症の時に座ると痛みなどを感じる方は、これらのことを意識して、座るようにしましょう。

 

 

クッションを背もたれにしても良いでしょう。

 

 

姿勢矯正クッションといったものもあるので、利用されてみてはいかがでしょうか。

 

 

値段もお手頃で、持ち運びがしやすく、職場の椅子や自宅の椅子をそのまま使えるのが特徴です。

 

 

また、姿勢矯正シートというものもあります。

 

 

自宅で利用している椅子を矯正椅子にすることが出来るというものです。

 

 

床に座る時には、あぐらなどに注意しましょう。

 

 

 

 

足を組んでいる状態なのでバランスが悪く、腰に負担がかかってしまいます。

 

 

なるべく腰に負担のかからない場所に座ったり、座椅子などを利用して背中を伸ばしてあずけられる姿勢を心がけましょう。

 

 

腰椎分離症の時は座る姿勢も正しくしないと、改善もなかなか進まなくなってしまいます。

 

 

また、腰に負担のかからない楽な座り方をしないと、腰以外の身体の箇所を傷めてしまうことがあります。

 

 

骨の癒合が終わり痛みが引いてきたら、腰椎周辺の筋力を鍛えたり、体幹トレーニングを行なうようにしてみて下さい。

 

 

座る時の姿勢はもちろん、就寝時の腰の負担も腰痛を悪化させてしまいます。クッション性のある寝具を利用して就寝するようにして下さい。

 

 

いかがでしたでしょうか。

 

 

腰椎分離症の楽な座り方について、幾つか紹介致しました。

 

 

腰椎分離症の時は骨が癒合していない時はもちろん、骨が癒合した後も、とにかく腰に負担のかからない座り方をする必要があります。

 

 

症状を悪化させないためにも、楽な姿勢で座るクセをつけるようにしましょう。

 

 

腰椎分離症の改善には、下記の記事も参考にしてみてくださいね。

 

 

腰椎分離症の解消に効果的なストレッチ教材は?