つらい分離症を軽減する方法ならこれ!おすすめのストレッチや食事、トレーニングなど

本当に効くの?腰椎分離症の背筋トレーニングとは?

本当に効くの?腰椎分離症の背筋トレーニングとは?

 

 

背筋とは、背中にある背骨を起こしたり支えたりする筋肉のことを言います。

 

 

筋肉トレーニングで行なう通常の背筋運動では、腰椎分離症を悪化させてしまうケースが多いです。

 

 

背筋運動は背筋というよりも腰の部分を反ることになるので、骨にストレスがかかってしまうことがあります。

 

 

腰椎分離症の時の背筋トレーニングの方法をご紹介致します。

 

 

深層筋を鍛える背筋トレーニングは特別な器具などを必要とせず、自宅などでも簡単に行なうことが可能です。

 

 

まず、床に四つんばいになり、片手と片足を床と水平になるよう上げます。

 

 

対角線にある手と足を上げますが、上げる時は一緒に動かすようにします。

 

 

本当に効くの?腰椎分離症の背筋トレーニングとは?

 

 

足を上げることでお尻の筋肉も刺激されるため、ヒップアップにも効果が見込めます。

 

 

腰椎分離症予防や改善に背筋トレーニングをすると、腰椎をしっかり支えられるようになるので、腰に大きな負担がかかりにくくなります。

 

 

腰が痛いとコルセットを処方される事が多いかと思いますが、腹横筋はコルセットのようにお腹の圧を高めて腰を安定させる作用があります。

 

 

腰椎分離症の時のトレーニングでは、腹横筋などを鍛えることでも効果が見込めます。

 

 

 

 

ドローインなどの呼吸を意識したトレーニングもおすすめです。

 

 

ドローインの方法では、まず、仰向けに寝て大きく息を吸いながらお腹を膨らませて下さい。

 

 

次に、息を吐きながらお腹をへこませて、そのままの状態を保ちます。

 

 

そして、お腹をへこませた状態を保ちます。お腹を凹ませた状態を保ったまま、呼吸は普通に行います。

 

 

腰椎分離症の時の背筋トレーニングでは、激しい腹筋や背筋を行なうのではなく、こういった深層筋(インナーマッスル)を鍛える体幹トレーニングが中心となります。

 

 

バランスボールなどを使用して座っているだけでも、腹筋や背筋に軽い力が入り、トレーニングになります。

 

 

これらのトレーニングは腰椎分離症だけでなく、通常の腰痛などにも効果があります。

 

 

腹筋や背筋を鍛えることで日頃の腰痛対策にもなるので、腰痛予防に欠かせないトレーニングと言えます。

 

 

 

 

腰椎分離症の背筋のトレーニング方法についてご紹介致しました。

 

 

これら、腰椎分離症の背筋のトレーニングは腰椎周辺の深層筋(インナーマッスル)を鍛えられるので、継続して行なうことで効果があります。

 

 

腰椎分離症を改善するため、身体のバランスや姿勢を重視した体幹トレーニングを是非、行なうようにしてみて下さい。

 

 

腰椎分離症のトレーニングにも役立つので、下記の記事も参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

 

徹底調査!腰椎分離症の解消に効果的なストレッチ教材は?