つらい分離症を軽減する方法ならこれ!おすすめのストレッチや食事、トレーニングなど

あなたは知ってる?腰椎分離症の改善に水泳がおすすめ!

あなたは知ってる?腰椎分離症の改善に水泳がおすすめ!

 

 

腰椎分離症に水泳はおすすめなのでしょうか!?

 

 

腰椎分離症の改善や予防に水泳を利用した方法についてご紹介致します。

 

 

腰椎分離症のリハビリで水泳をする時には、腰椎を捻らないようにする必要があります。

 

 

腰椎分離症の時の水泳でやらない方が良い泳ぎ方として、バタフライがあります。

 

 

特に、息継ぎをする際に腰を反る形になるので、腰にかかる負担も大きい泳ぎ方です。

 

 

平泳ぎも息継ぎの際に腰に負担がかかるので、控えるようにした方が良いかもしれません。

 

 

息継ぎの時の腰の反り具合では、クロールより腰に負担がかかるのはもちろん、バタフライよりも負担がかかることもあるので、気をつけて下さい。

 

 

 

 

腰椎分離症の時に、水泳をする際の泳ぎ方としては、腰に負担のかからない背泳ぎと激しくない腕の動作を中心にしたクロールがおすすめということになります。

 

 

背泳ぎは腰に負担がかかりにくいので、水泳リハビリトレーニングとしてはおすすめの泳ぎ方となります。

 

 

クロールでは激しくないゆっくりとした泳ぎ方を心がけましょう。

 

 

また、ビートバンなどを利用してゆっくり進むバタ足などもおすすめの泳法となります。

 

 

プールなどでリハビリやトレーニングをするなら、一番おすすめなのは、水泳ではなく水中ウォーキングです。

 

 

水泳ほど激しい負担が腰にかからずに、ゆっくりしたペースで腰椎分離症の改善が見込めます。

 

 

 

 

水中ウォーキングだけでも水圧があるため、軽い負荷からのリハビリには十分となります。

 

 

水中ウォーキングをする時は、動作をあまり大きくし過ぎずに腰を捻り過ぎないようにしましょう。

 

 

腰椎分離症は、厳密にはすべり症と違い、腰椎の骨が骨折して分離してしまっている状態にあります。

 

 

治療でも骨の癒合が最も重要視しなければいけないので、骨が自然癒合するまでは3ヶ月程度、運動を控えることが望ましいです。

 

 

怪我が判明した直後は安静にし、コルセットなどを利用して腰を固定する必要があります。

 

 

水泳などを利用してリハビリを行なう際には、医師の判断を仰いでから行なうようにしましょう。

 

 

 

 

腰椎分離症になってしまった時は、腰椎を激しく動かす運動はおすすめ出来ません。

 

 

水泳をする際にも、腰にかかる負担が適度な泳法にし、手足を動かすことを中心にしましょう。

 

 

ただ、水中でのトレーニングは適度な水圧がかかるので、陸上よりも効果的なのも事実です。

 

 

水中ウォーキングなどを中心に、ご自分のペースで行なうようにしてみて下さい。

 

 

腰椎分離症の改善のため、次の記事も見てくださいね。

 

 

徹底調査!腰椎分離症の解消に効果的なストレッチ教材は?